Unityのチュートリアルで使い方を学ぶ|超初級編【PlatformerMicrogame.01】

今回はUnityHubに付属されている「使い方を学ぶ」にあるサンプルの2Dゲーム「PlatformerMicrogame」のチュートリアルを進めてみました。本当に初めてUnityを触る人向けの内容で超初心者向けです。

サンプルプロジェクトをインストール

まずは今回使うチュートリアルのゲームをインストールします。すでに用意されているのでポチポチするだけで簡単にインストールできます。

UnityHubを起動して選ぶだけで自動インストール

まずはUnityHubを起動。「使い方を学ぶ」から「Paltformer Microgame」を選択。

下の画面が出てきたら「プロジェクトをダウンロード」を選択。

必要なモノがある場合、自動でダウンロードしてくれるのでダウンロード完了までしばらく待機。

プロジェクトを起動!

ダウンロードが完了すると「プロジェクトを開く」と変更されるので選択。

色々なものを取り込んだ後にUnityが起動してきます。

さぁ!Unityをはじめよう!GetStartd with Unity

Unityが起動すると下記画面が表示。ここから既に作成済みのゲームを使ってUnityの超基本的な操作を学んでいきます。Get Started!!

チュートリアル1:まずはゲームを動かす(Playtest)

Unityの画面右側に「Tutorials」てのが出ていますね。日本語化したけど、残念ながらここは英語のまま。これを上から順番に進めていきます。

上から順番に進めていきます。一番上の「Playtest」を押す!

「初めてのチュートリアルなのでまずはゲームを動かしてみて」って感じですね。右下の「Start」を押してチュートリアルの開始です。

ちょっと見えにくいですが、上の「再生」ボタンを押すとゲームが始まりまっせって感じですね。「再生」ボタンを押します。

チュートリアルゲームの起動

軽快な音楽と共にゲーム画面が出てきて操作できるようになります。

矢印キーでキャラクターが動き、スペースキーでジャンプします。敵らしきものに当たると初めから。上から踏むと敵がいなくなります。

ありきたりなゲームですね。ちょこちょこって動かしたら「再生」ボタンもしくは「CTRL」キーと「P」キーを押して一旦ゲームを終了。チュートリアルが再開されます。

「ちょっとだけゲームの設定を変更するので、画面左のヒエラルキー内にある「Player」を選びましょう」って感じですね。指示通り「Player」を選びます。

「インスペクター画面にある「Max Speed」の数字を変えてみましょう」と書いてあります。指示通り数字を変えてみます。

とりあえず倍の数字の6に変更し「再生」します。すると先ほど操作していたキャラクターの移動速度が上がったのが確認できますね。「再生」をもう一度押して終了。

これでチュートリアル1のまずは動かしてみる(Playtest)は完了。

チュートリアル2:シーン内の基本操作(EditerControls)

次にチュートリアル2の「EditorControls」を進めていきます。

「UnityのEditorについてちょっと勉強していきまっせ!」みたいな感じですね。「Start」で進めていきます。

「シーンビューで編集」、「ヒエラルキーにはシーンの内容が表示」みたいな感じですね。「Next」で進めます。

「手のツール(HandTool)でシーンを動かすことが出来る」とあります。画面の指示通りに左上にある「手のアイコン」を選択。

マウスカーソルが手のアイコンになったら、シーン内を動かしてみます。マウスを左クリックしながら動かすとシーン内が動きます。動かすことが出来たら次に進めます。

次はシーン内の「拡大と縮小」。マウスのスクロールホイールで拡大縮小するので、動かして次に進めます。

「Move Tool」でトークンを動かすことが出来ます。左上のツールバーにある上下左右に矢印のついた「MoveTool」を選択して次に進めます。

シーン内にある黄色のトークンを選択して動かします、これで終了。EditorControlsはシーンの簡単な操作についての説明ですね。

とりあえず今回のチュートリアルはここまで、続きは下記の記事から。次回で初めてのチュートリアル「PlatformerMicrogame」は完了します。

タイトルとURLをコピーしました