Unityで2Dゲームの開始画面を作成し複数シーンを連携【2Dゲーム作成.07】

初めてのUnityでゲーム作成、第7回目です。今回は開始画面を新しいシーン(Scene)で作成してそれをゲームにくっつけるというのをやってみます。第1回目の記事は下記から

開始画面(オープニング画面)を作成

普通、ゲームを開始した時はいきなりはじまるのではなく、開始画面的なのがありますよね。今回は開始画面を作って、ゲーム開始を押したらゲーム画面になるというのをやっていきます。

新しいシーンの追加(Sceneの追加)

まずは開始画面となるシーンを作成していきます。左上の「ファイル」から「新しいシーン」を選択。

名前は「Opening」とかにしておきます。まあ何でもいいです。

もちろん、新規なので何もない状態。背景をゲーム画面を同じように設定。(第1回目と全く同じように設定)

Unityのボタン作成

背景だけ設定した画面にボタンを追加していきます。ヒエラルキーメニューから「UI」→「Button」でボタンを追加。

buttonの中にTextがあるのでそれを開いてテキストの文字を「ゲーム開始」に変更。キャンバスなので「シーン」から「ゲーム」に切り替えると見えますね。

これでボタンの作成は完了。もちろん、このままだとただボタンを追加しただけ。次は「ボタンを押したらゲーム画面に遷移」するように設定。

ゲーム画面の遷移(Sceneの遷移)

画面遷移のスクリプトを作成です。名前は「StartScript」にでもしておきます。

ソースの中は下のような感じ。初めについてくるvoid Startとvoid Update入らないので削除。onclickがボタンをクリックした時に呼び出すものですね。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.SceneManagement;


public class StartScript : MonoBehaviour
{
    public void Onclick()
    {
        SceneManager.LoadScene("Main");
    }
}

次はお決まりの流れですね。buttonに作成したスクリプトを追加。

クリックした時の動作として作成した「OnClick」を追加。

ひとまずこれで完成ですな。実際に試しに動かしてみると、まあまあいい感じに。

とはいえ、実際にこのままだと終了すると身動きが取れなくなるので終了後にタイトルに戻るとか、色々と付け加えるのはたくさんありますが・・・。

とりあえず一つ目のサンプルってことでこんな感じです。結構楽しいですな。これからもどんどん作っていこうかなー。とはいえ、初めは時間がかかるのを作るとやる気が無くなるのでしばらくは簡単なのばかりですが・・・あと、忘れないように色々とメモ的なのを残していきたいですな。

タイトルとURLをコピーしました