RPA(RoboticProcessAutomation)とは何か、簡単に言うと「ロボットで自動化」

RPAとはRobotic Process Automationの略で、この先、特に需要が増えると言われているものです。今回はこのRPAについて簡単に解説していきます。

RPA(Robotic Process Automation)の基本

人手不足はどこの業界でも深刻です。これからは出来るだけ業務を効率化することが求められています。中でも同じような作業的なものは人の手で行うより自動化した方がミスが少なく、効率的です。それを実現する一つの方法がRPAです。

RPAとは

RPAとは簡単に言うと「人が操作しているコンピュータ作業を自動化する」ことです。例えば、複数のアプリケーション(表計算ソフトでグラフを作成してメールで送るのような)定型業務自動化することです。

RPAのメリットとデメリット

RPAのメリットはこれまで人が行っていたことを自動化することで人件費の削減・生産性の向上が期待できます、当然、ケアレスミスも減ります。デメリットとしては、導入にお金がかかること、不測の事態が起きた時に困るなどです。

RPAはITパスポートでも出題される基本知識

このRPAはITパスポート試験でも出題される基本的なIT知識です。

ITパスポート試験での過去の出題例

R1.秋の問33で出題された例を見てみます。

出題.

RPA(Robotic Process Automation)の事例として,最も適切なものはどれか。

回答選択肢

  1. 高度で非定型な判断だけを人間の代わりに自動で行うソフトウェアが,求人サイトにエントリーされたデータから採用候補者を選定する。
  2. 人間の形をしたロボットが,銀行の窓口での接客など非定型な業務を自動で行う。
  3. ルール化された定型的な操作を人間の代わりに自動で行うソフトウェアが,インターネットで受け付けた注文データを配送システムに転記する。
  4. ロボットが,工場の製造現場で組立てなどの定型的な作業を人間の代わりに自動で行う。

簡単な解説

RPAはあくまでも「定型的な業務」を自動化するものです。決められた単純作業・定型業務を行うのは機械やコンピュータの得意分野です。RPAでは非定型判断は行いません。

RPAのRはRoboticの略ですが、RPAはロボットではなく「ソフトウェアの機能」によって自動化するものです。そのため、ロボットが人間の代わりに行う作業はRPAの範囲ではないです。

「定型業務」を自動で行う「ソフトウェア」という条件に当てはまるのは「3」です。

タイトルとURLをコピーしました