PDCAサイクルとは何か、簡単に言うと「システム改善の方法論」

PDCAサイクルをしっかり回そう。IT分野以外でもこんな言葉を聞くケースがあります。今回はそんなPDCAについて改めて簡単に確認していきます。内容はごく当たり前のことです。

PDCAサイクルの基本

打ち合わせや資料などでよく聞く、見る言葉の一つに「PDCA」というのがあります。「しっかりPDCAを回していきます」なんて決まり文句のように使っていたりするのも見かけます。

PDCAサイクルとは

PDCAとはそれぞれPlan(計画)、Do(実行)、Check(検査)、Act(処置)の略です。簡単に言うと「計画を立てる」、「計画を元に実行」、「実行が計画通りか検査」、「検査結果をもとに改善処置を行う」ことです。なんてことはないです、業務を正しく行うために昔から行っているであろう、ごくごく当たり前の事です。

PDCAの今後について

このPDCAサイクルは「古い」、「これから他に代わる」という言葉もよく聞くようになりました。様々な新しい言葉も聞きますが、まだまだPDCAサイクルから置き換わっていないというのが現状です。PDCAサイクルは昔からある当たり前の方法なので、この先も他の方法論がたくさん出てくるでしょう。

PDCAはITパスポート試験でも出題

PDCAサイクルはITパスポート試験でも出題される基本的なIT用語です。令和元年秋の試験では2問出題されています。

ITパスポート試験での過去の出題例

R1.秋の問48、問68では下記のような形で出題されています。

出題(問48)

サービスレベル管理のPDCAサイクルのうち,C(Check)で実施する内容はどれか。

回答選択肢

  1. SLAに基づくサービスを提供する。
  2. サービス提供結果の報告とレビューに基づき,サービスの改善計画を作成する。
  3. サービス要件及びサービス改善計画を基に,目標とするサービス品質を合意し,SLAを作成する。
  4. 提供したサービスを監視・測定し,サービス報告書を作成する。

簡単な解説

サービスを提供するのは「実行」のDoです。

結果の報告、レビューから改善計画を作成するのはPDCAサイクルのActです。

計画を基にSLA(合意書)を作成するのは計画段階のPlanです。

ということで正解は「4」です。

出題(問68)

1年前に作成した情報セキュリティポリシについて,適切に運用されていることを確認するための監査を行った。この活動はPDCAサイクルのどれに該当するか。

回答選択肢

  1. P
  2. D
  3. C
  4. A

簡単な解説

情報セキュリティではPlanで「情報セキュリティポリシの策定」Doで「計画した対策を導入・実行」Checkで「対策状況の監視・評価」Actで「対策の見直し・改善」を行います。そのため、適切に運用されていることを確認するために監査を行うのはPDCAサイクルのCheckです。

ということで正解は「3」です。

タイトルとURLをコピーしました