電子メールの「CC」と「BCC」とは何か、その意味と使い方の違いについて

私がパソコン関係の事で一番と言っていいほど聞かれることが多いのが「メールのCCとBCCってなに?」という質問です。今回は「CC」と「BCC」とはどういう意味なのか、その違いと使い方について簡単に解説していきます。

  • CCは“参考に送ります”という人のメールアドレスを入れる。
  • BCCは“こっそり送ります”という人のメールアドレスを入れる。

CCとBCCの意味

メールを送るとき、基本的に「TO」の欄に相手のメールアドレスを入力しますよね。その下を見ると「CC」、「BCC」という欄があるかと思います。

CCとは

CCとは「カーボンコピー」の略ですね。このCC欄にメールアドレスを入力するとTOと同じように送信されます。

BCCとは

BCCは「ブラインドカーボンコピー」の略ですね。同じように、このBCC欄にメールアドレスを入力するとメールが送信されます。

TOとCCとBCCの使い分け

結局、TO欄に入力してもCC欄でもBCC欄でも同じようにメールが届きますね。どの欄にメールアドレスを入力しても「メールを送る」という目的は達成できます。では、どのように使い分けるのでしょうか。

TO欄には直接関係する人

まずはTO欄ですが、直接関係する人をこの欄に入力します。当然ですが、TO欄に入る人はメインです。まずはここに相手方のメールアドレスを入力することが大前提になりますね。

CCは「参考で送ります」という意味

CCというのは「念のため送っておきます」、「参考のため送ります」という意味があります。例えば技術部門の人に送るメールを参考に営業部門の人にも送る場合、CCに入れたりします。

あとは、「俺は聞いてない」、「知らない!」とうるさい上司を入れたり・・・ですかね。

BCCは「こっそり送ります」という意味

BCCは「こっそり送ります」という意味があります。BCC欄にメールアドレスを入力すると当然その人にメールが届きます。

TOやCCと違う点はBCC欄に入力した場合、「BCC欄に入力したメールアドレスはTOやCCの人には分からない。」という点ですね。

例えば、CC欄に全てのメールアドレスを入力すると送信した人全てにCC欄のメールアドレスが分かってしまいます。その中に面識がない人たちが沢山いると良い思いをしない人がいるかもしれません。メールアドレスも貴重な個人情報の時代ですから。

そこで、BCC欄にメールアドレスを入力しておけば誰に届いたのか、他の人には分からなくなります。

上司に送っているメールのBCC欄に人事の人のメールアドレスを入れて・・・てことをすれば人事の人に「私はこんなメールを上司に送っています」とこっそり伝えることが出来ます・・・

タイトルとURLをコピーしました