拡張子とは何か?拡張子の基本と表示・変更の仕方を簡単に解説

ファイルには多くの種類があります。よく聞くものだと「ワード」、「エクセル」、「PDF」などなど。今回は、そんなファイルの種類を一目見ただけでわかる拡張子についての解説です。

拡張子とはなにか、何を指している?

ウィンドウズではファイルの種類を区別するのにファイル名の後ろに「メモ.txt」、「書類.doc」という形で拡張子というものを付けてファイルを区別しています。

拡張子はファイル名の次にあるピリオド(.)より後ろの半角3文字で表記しているものが多いです、大文字と小文字の区別はありません。昔は拡張子が3文字以下という決まりがあっため、3文字が多いですが、ここ最近では長い拡張子も多いです。

拡張子と関連付け

ウィンドウズでは「拡張子」と「拡張子に応じて開くアプリケーション」が関連付けられていればダブルクリックで開くことができます。

ほとんどのアプリケーションソフトはインストールすると関連付けが自動でされます。

簡単に言うと、ワードソフトが入っていないパソコンでは「ワードファイル」を開くことができませんが、ワードソフトが入っているパソコンでは「ワードファイル」をダブルクリックで開くことができます。

これはワードソフトをインストールしたときに「.doc」はワードソフトで開くと関連付けがされるからです。そのため、普段何気なく使っている人はあまり気にならないことかもしれません。

拡張子の表示、変更の仕方

拡張子に応じて開くアプリケーションが関連付けされている場合、正しく拡張子がついていないとそのファイルが使えない原因になります。

ファイルを開いたときに「ファイルの形式がサポートされていません」というような文言が表示されてファイルが開かないときは「拡張子が間違っている」、もしくは「関連付けしているアプリケーションが間違っている」ということです。

拡張子の表示方法

ウィンドウズの初期設定では既に関連付け登録されている拡張子は隠されていて表示されないです。下の図では「.abc」という関連付け登録されていない拡張子は表示されていますが、関連付けがされている「.txt」は表示されていないです。

関連付け登録してある拡張子も表示したい場合は下記のように[表示]タブからファイル名拡張子にチェックを入れると拡張子が表示されます。(Windows10の場合の例です)

拡張子の変更の仕方

拡張子が表示されていないファイルでも、上の手順で拡張子を表示してからファイルを右クリックして「名前の変更」を選ぶと拡張子を変更することができます。

変更するときには「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。変更しますか?」というメッセージが出てきます。

最近の使われ方

私がパソコンを使い始めたときは拡張子がおかしいというのが良くありましたが、現在ではほぼないです。

最近、拡張子を意識する出来事としてはメールで届いたファイル名が「参考資料一式.zi_」のような「.zi_」という拡張子になっている時です。メールに「拡張子をzipに変更してから解凍してください」的な事が書いてあります。

この場合、「.zi_」が表示されているので最後のアンダーバー( _ )を「p」に変更するだけでいいのですが、ドットを消してしまったり、全角のpにしてしまったり、パソコン初心者の人は意外と一筋縄ではいかないことが多いです。

正しく「zip」に変更すると下記のようになります。

とまあ、ようやくファイル名の変更ができてファイルを開こうと思ったら「パスワード入力しろって出てきたけどパスワードが分からない」と言う話が出てきたり。

ほとんどの場合、ファイルを添付していたメールにパスワードの記載はなく、次のメールにパスワードだけ記載されていたりします。この辺はパソコン初心者の人には中々理解されたい事だったり・・・

タイトルとURLをコピーしました