ERP(EnterpriseResourcePlanning)とは何か、簡単にいうと「情報をまとめて便利にする事」

今回はERP(EnterPrise Resource Planning)について簡単に解説していきます。IT用語というよりは企業・経営用語に近いかもしれないですね。

ERPとは「企業の資源を計画する」こと

まずはERPの基本からチェックです!

ERPを直訳すると・・・

ERPをそのまま翻訳するとEnterPriseは「企業」、Resourceは「資源」、Planningは「計画」。合わせると、「企業資源計画」となります。なるほど、何となくイメージがつきましたかね?いや、よくわからないですかね?

企業資源計画とはなんぞや?

企業全体を経営資源の有効活用の観点から統合的に管理し、経営の効率化を図るための手法・概念のこと

企業資源計画 – Wikipedia

なるほど、もっとかみ砕くと・・・。企業が持っている資源とは「人、モノ、お金、情報」のことです。これらの資源を有効活用するための計画がERPということです。

ERPを利用する理由やメリットとは

当然ながらどんなものにも利用する理由やメリットがあります。ERPのメリットは「情報を一元的に管理するところ」にあります。

企業の持っているさまざまな情報を一箇所に集めて、その集めた情報を元に企業の状況を把握して「企業資源の最適化」や「経営の効率化」を図ることができます。

ITパスポート試験での過去の出題例

H31.春の問3で出題された例を見てみます。

出題

購買,生産,販売,経理,人事などの企業の基幹業務の全体を把握し,関連する情報を一元的に管理することによって,企業全体の経営資源の最適化と経営効率の向上を図るためのシステムはどれか。

回答選択肢

  1. ERP
  2. MRP
  3. SCM
  4. SFA

簡単な解説

MRPはMaterial Resource Planningの略です。Materialとは、「資材・材料」という意味で、MRPは資材を有効活用して生産効率を高めるものです。企業全体を最適化をするのがERPで、工場などで生産を最適化するのがMRPという感じです。

SCMはSupply Chain Managementの略です。それぞれの単語を翻訳すると供給、連鎖、管理となります。簡単に言うと、物を供給するまでの流れを最適化することです。

SFAはSales Force Automationの略です。翻訳すると販売力、自動化となります。簡単に言うと営業活動を改善するITの仕組みです。営業活動というのは担当者個人で行うことが多く、顧客情報や進捗具合、商談事例等の情報が担当者のみに留まることが多いです。その顧客情報をデータ化して活用することで、営業の生産性を上げ、効率化を進めることを目的としたシステムがSFAです。導入する企業が多いですが、実際にうまく活用できていない企業もあったりします。

タイトルとURLをコピーしました